17年間使ったブラウン管TVがついに見られなくなりました。 

たまに画面に横線が入るようになってからも騙し騙し使ってきたのですが、もう限界のようです。

テレビ

 

いざ ○○○電機へTVを買いに出発! 

やはり大きなものを買いに行くときはワクワクしますね。
 
担当してくれた男性は20代後半から30代前半の男性。

「仕事だから 仕方なく立ってます」というオーラがにじみ出ていました。(笑)

 

書類に記入し終わって顔をあげると 彼の胸にとっても目立つ黄色いバッジが。

正確には覚えていないのですが、こんなことが書かれてありました。

 

「笑顔でサポート 親切係!」

 

ぜんぜん できてな~い! あまりのギャップに噴き出しそうになりました。

逆に笑顔のサポートをしてあげたい。(笑) 

バッジをつけていても笑顔のメリットを納得しないと実践できないですね。

 

とは言ってもまだ若いし、何か笑顔になれない理由があったのかもしれません。

 

デールカーネギーの「人を動かす」の中にニューヨークのデパートの素敵な広告がありました。

 

クリスマスの笑顔

 

「元手がいらない。しかも利益は莫大。

与えても減らず、与えられたものは豊かになる。

一瞬のあいだ見せれば、その記憶は永久につづく。

どんな金持ちもこれなしでは暮らせない。どんな貧乏人もこれによって豊かになる。

家庭に幸福を、商売に善意をもたらす。

<中略>

クリスマスセールで疲れ切った店員のうちに、

これをお見せしないものがございました節は、

恐れ入りますが、お客さんのぶんをお見せ願いたいと存じます。

 

笑顔を使いきった人間ほど、

笑顔を必要とするものはございません。

 

(「人を動かす」笑顔を忘れないー人に好かれる6原則より デール カーネギー)

ユーモアのある広告ですね。

 

次回の初級英語ユーモア&コミュニケーションクラスは7月31日(日)

百万ドルの価値がある笑顔、豊かな表情を身に着けたい方はぜひ! 詳しくは、こちら

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら