13557940_1019148491513643_8359039510371974313_n[2]

昨日は七夕 駅の隣の店内に七夕コーナーがありました。

 

一番目に入ってきたのは、「今日はすしが食べられますように」 

「えっそんな願いことあり?」 と思わず笑ってしまいました。

 

前回は、本人は寿司が食べたかったのに家族の意見で違うものになったのでしょうか。

 

今まで気にしたことなかったのですが、短冊って意外に面白いものですね。

突っ込みたい短冊がいくつかありました。

 

「乙姫になりたい」 (乙姫ではなくて、織姫の間違いですね。)

かわいい願いごとですが、「年に一度しか会えなくていいの?」と突っ込もうとして、

いやまてよ。子供が書いたと思ったけれど、もしかしたら旦那さんにうんざりしている妻が書いたのかも。。。

そういえば、先月会った女友達が 単身赴任の夫を持つ友人を非常に羨ましがっていました。

 

同じ短冊でもいろいろな想像ができますね。 ユーモアセンスを磨くいい練習になりそうです。

 

「私がいつもテストで100点がかならず取れるようにお願いします。」 

「いつも」だけでは足りないと感じたのか「かならず」もあり必死さが伝わってきますね。(笑)

小学校で100点とってもそんなに関係ないんだけどなぁ、なんて思いましたが、

私も高校生まで、この女の子みたいに真面目でした。

 

むむむ、「〇〇くんが単位落としますように」 なんていうのもあります。

ひどい! でも夫と息子は 爆笑していました。

 

FBに写真を投稿したら、

「もっとやさしいお母さんがほしい」

という短冊を数年前マンションで見たことがあると言われ、一瞬ドキッ 

 

でも 数年前なら私のことではありません。

「もっとやさしい妻がほしい」  だったら可能性は大ですが。。。

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら