もし、施設にいる自分の親の担当者が、

面会に行くたび、苦情を言ってくるとしたら

あなたは、どんな対応をするだろうか。

 

ユーモアクラスのメンバーTさんのお母様は、92歳。

担当者が代わり、

「夜何回もトイレに行くので、眠剤を使いたい」

と言われた。 

 

家でもそうだったので、反論したものの

強くは言えず、病院に連れていくことに。

一番軽い薬を処方してもらう。

ところが、副作用が出やすいTさんのお母さんは、

具合が悪くなり、薬は即中止。

 

「だから言ったじゃないですか!」と 

食ってかかっても、何もいいことはない。

 

 

Tさんは考えた。 

この担当者とどうコミュニケーションを取っていったらいいだろうと。

 

そして

ユーモアクラスで学んだ「ぱっと言う」を実践することにした。

担当者が来たら、明るい声で元気に挨拶。

それから間髪入れず、ぱっ!と言った。

 

「髪を切られたんですね。ショートも似合いますね」とか

「今日のTシャツいい色ですね」とか。

続けるうちに話しやすくなってきた。

 

そして担当者が苦情を言うときも

自分の意見は脇において傾聴した。

 

(ユーモアクラスのメンバーで、

「傾聴」が役に立ったと言う人は多い)

 

すると、ある日、担当者が自分の悩みを打ち明けてきた。

じっくり聞いてもらった担当者は、

「こんな話してごめんなさい」とTさんに謝ったという。

 

 

それから苦情は一切言わなくなり、

Tさんの母親に愛情を持って接してくれるようになった。

そして「お母様から学ばせて頂いています」とまで

言ってくれたそうだ。

 

 

以前、Tさんは、ユーモアクラスで

担当者との関係が良くなったと

話してくれていたが、

こんな背景があったことは知らなかった。

 

Tさんの、note に詳しい状況が書いてあるのでぜひ読んでほしい。

思ったことをぱっと言う:介護担当者との距離が縮まる】

 

毎週日曜日6時半からのオープンチャットで

Tさんの本「ハッピーママ、ハッピー喜寿」を

読ませてもらっている。

心がぽわっと温かくなるいい話だ。

 

クレアキキにもらった写真。

お知らせ  

★8月4日に単発セミナー開催します!
ユーモアコミュニケーション【ダイジェスト!】
8月4日(日)10時~12時

ぜひお気軽にご参加ください!
→詳しくはこちら


★毎朝6時半からラインオープンチャットでライブトークしています。
『クスッと笑ってシャキッと目覚める朝の15分』
ぜひお耳寄りください!
→詳しくはこちら


★ユーモアコミュニケーション10回コース第10期は、9月スタートです。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル