日曜日のユーモア&コミュニケーションクラスのテーマは

ボーカルバラエティ!

相手にもっと魅力的に伝える練習をしました。

面白いことなんて言わなくても 
声のトーン、速さ、大きさを変えるだけで、
会話、スピーチがとっても楽しくなるんです。

ウォーミングアップで体と顔をほぐして、声の高さ 速さ、大きさを変えて読む練習をしたり、
同じ言葉を違う感情で表現したりしました。

 

まずはその感情を感じて、表情を作って声を出すと声に感情が伝わります。

 

「人形は顔が命」というコマーシャルがありますが(笑)
英語スピーチのボーカルバラエティもやっぱり顔が命ですね。

ジブリッシュを使うと言葉に頼らず 
表情、ジェスチャーが大げさになるので、

最初は抵抗があっても、
だんだんとやっているうちに感情が出せるようになり、
相手との距離がグーンと縮まります。

それにやってて笑ってしまうので、緊張をとるにも最適です。

 

そしてお待ちかねの英語落語
♪チャンチャカ、スチャチャカ、スッチャンチャン♪(笑点の大喜利)

大島希巳江氏の「英語で小噺」の
短い落語を使って一人2役を練習しました。その中で一番長いものを紹介しますね。

 

 

     葬式の小噺  (日本語訳は英語の後にあります)

There was a long line at a funeral.

A woman was wondering about it, so she asked a mourner.

Woman:  Excuse me, but whose funeral is this?

The mourner was a lady. She said,

Mourner:  Well, this is my mother-in- law’s funeral. My dog killed her.

Woman:  Oh, I’m sorry to hear that.
      But she must have been a great woman!
      There are so many people at her funeral.
      By the way, could I borrow your dog for a day or two?

Mourner:  Sure. Get in the line.    (大島希巳江著 英語で小噺より)

 

 

あるお葬式で長い行列ができていました。それを見て不思議に思った女性が喪主に話しかけました。

女性: すみませんが、これはどなたのお葬式ですか

喪主; ああ、これは私の義理の母の葬儀です。私の犬が義母を食い殺してしまったんです。

女性: まあ、それはお気の毒に。でも、あなたのお義母さまはきっと素晴らしい方だったのですね。こんなにたくさんの方がお    葬式に集まって。。。ところで、あなたの犬を一日、二日貸していただけませんか。

喪主:  結構ですよ。ではあなたも並んでください。

 

 

お知らせ

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら