この人といると話が膨らんで、

楽しかったなぁと感じたことはないだろうか。

 

もちろん、じっくり話を聞いてもらって

癒やされることもあるが、

楽しい会話は、一人がずっと話しているというより

両方がいいバランスで話しているときだ。

 

どうしたら、そんな楽しい人になれるのか。

話を盛り上げるには何をしたらいいのか。

 

私が師匠 井上敏之さんから受けたトレーニングで

とても役に立ったと思うのは、

スピーチ → Q&A →フィードバック →逆フィードバック トレーニング

 

一人が一つのテーマについて話し、

聞き手が質問し、答えてもらう。

 

聞き手が感想を延べた後

話し手が聞き手への感想を言う。

 

 

①質問するつもりで

相手の話を聞く。

 

②フィードバックできるように

内容、話し方を客観的に見る。

 

③タイマーを見ながら時間をチェックする。

 

これは、かなりの集中力を使うが、

井上メソッドでは

フィードバックは基本いい点を伝えるので、

頭は使うが、言われた方も言う方も嬉しくなる。

 

 

昨日は、久しぶりに井上氏主催の勉強会に参加した。

 

 

場所は麻布十番の国際文化会館。

 

窓から見える緑に癒やされる

 

 

 

話のテーマはみんな違うのが、面白い。

 

新婚ホヤホヤのYさんは、

結婚に関してもらう3つの質問について話してくれた。

1.結婚を決めたポイントはなんだったか

2.結婚して何が変わったか

3.結婚して一緒に暮らしてみて、

驚いたこと(相手に対して)はなかったか

 

 

彼女はディベーターなので、

論理的にポイントをあげるのが面白かった。

 

井上さんの話は、最近ハマっている絵葉書。

自分で撮った写真や、

鉛筆画を白黒写真にしてメルカリで売っているそうだ。

 

自称ハガキ職人。  

 

 

白い枠が額のようで、絵が引き立つ。

 

来年80歳になるとは思えない

この好奇心、向上心は 

いつも尊敬している。

 

一人の話が終わったら、

すぐに手をあげ、質問。 

 

話す方も質問をもらうことで 

考えさせられる。

そして自分なりに考えて答える。

 

 

このトレーニングは

ユーモアクラスでも取り入れている。

 

エクサイズの後はすぐにフィードバックタイム。

考える間を与えないのがポイントだ。

 

その場で感じたこと、

思ったことを素直に言ってもらう。

 

エクササイズが3つあると3回+前回からの気づき、

「今日のレッスンの感想」と最低5回は発言することになる。

何を言っても受け入れられる雰囲気があるので、

だんだん話すのに慣れてくる。

 

「一緒にいて楽しい」と言われるには、

お人柄は、もちろんあるが、

トレーニングすることで、

コミュニケーション力はアップする。

 

ユーモアクラスでは、進行役だが

久々にトレーニングをして、

脳と心に栄養をもらえた。

 

 

 

お気に入りの一枚。

 

 

お知らせ  

★毎朝6時半からラインオープンチャットでライブトークしています。
『クスッと笑ってシャキッと目覚める朝の15分』
ぜひお耳寄りください!
→詳しくはこちら


★ユーモアコミュニケーション10回コース第10期は、9月スタートです。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル