先日「クイズやさしいね」という番組で

帝国ホテルの電話オペレーターが笑顔でいるための

やさしい工夫は何かという質問がありました。

 

鏡でチェック

 

答えは鏡

「明るく元気 笑顔で接客」ができるように

いつも交換機の前に置いているのだそうです。

口角があがっているか、目元は笑っているか

電話を取る前にチェック。

縦7cm 横 12cmのサイズがちょうどいいらしい。

第一声って スピーチやプレゼンでも大事ですが

電話は声しか聞こえないのでなおさらです。

 

笑顔を心がけることで、友達に

「性格が明るくなったね」と言われ自信がついたオペレーター。

 

ユーモア・コミュニケーションクラスでも

笑顔の習慣がつくことで、

「気持ちが明るくなった」

「失敗しても笑えるようになった」

「相手が協力してくれるようになった」

「ポジティブになった」など

嬉しいコメントが続々と寄せられています。 (嬉しくてゾクゾクしちゃう!笑)

参加者の声はこちら

 

笑顔はとにかく練習です!

 

「何怒ってるの?」と会社の上司や同僚に

よく言われていたKさんも

笑顔の練習をすることで

いつの間にか表情が柔らかくなり

ある日スーパーで買い物をしていると、

綺麗で、優しそうな女性が微笑んでくれたそうです。

 

 

よーく見たら鏡に映った自分だったとか。 (笑)

 

2015年12月23日

 

 

 

 

お知らせ

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら