英会話は外国人と話すためだけのものではない。

表情を豊かにし、

大きな声を出せるようになり、

人と気楽に話せるようになる。

 

そして何よりも

 

元気になる!!!

 

 

5年半 毎週シニアの方に

英会話を教えてきて、確信しました。

 

コロナになって、海外旅行もできなくなり、

英会話の目的を、外国人と話すためではなく、

元気になることに変えました。

 

 

 

英語フレーズも、声に出すだけで

楽しくなるもの、

気分が上がるものを選びました。

 

パーティの会話もその一つです。

 

現実では、お互いの家を訪問することは

叶わなくても、ロールプレイならできるのです。

 

We are having a party.

Can you join us?

パーティをするんだけど、来ない?

 

 

Sure! I’d love to.

もちろん、喜んで参加するよ。

 

簡単なフレーズですが、

嬉しそうにlove のトーンを上げていうことが大事です。

 

 

 

 

脳は実際に体験していなくても、

想像するだけで、同じ変化が起きると言います。

 

その時に気をつけるのが、発音より、表情。

無表情でI’d love to. と言っていると、

「『本当は行きたくなーい』って顔してますよ~」と

つっこみます。

 

今月は、乾杯のフレーズを練習しました。

 

Here’s to our friendship!

私たちの友情に乾杯! 

 

Here’s to our bright future!

「私たちの明るい未来に乾杯!

 

 

Here’s to Martha!

マーサに乾杯! 

 

名前を言う乾杯もしました。

 

メンバーの一人が他のメンバーの名前を言って

みんなでCheers! と

 

グラスを持ち上げるだけで

盛り上がり、楽しい気分になります。

 

 

5回くらい続けて乾杯すると、

まるでパーティ会場にいるよう。。。

 

楽しそうに振る舞うことで、

気分も楽しくなってくるのです。

 

 

 

そしてそのフリを日本語でやるのは、

恥ずかしくてできないのが、

英語だとできてしまうのです。

 

ちなみに、カサブランカで有名な

ハンフリー・ボガートが言った

「君の瞳に乾杯」は

 

Here’s looking at you, kid.

 

になります。

 

米国ユーモアアカデミーの卒業生の会(CHP)で

このことを伝えたら

親指を上げて「いいね」をしながら

ウィンク (^_-)-☆ するといいと

教えてもらったので、

 

早速みんなでハンフリー・ボガートになって、

やってみました。(笑)

 

これで写真撮ればよかった~!

 

 

別のCHPのメンバーが

デール・カーネギーのワークショップで

何度も言わされたという言葉を教えてくれました。

 

Act happy

You’ll be happy

 

楽しそうに、振る舞えば、楽しくなる。

 

 

昨日は今年最後のクラスだったので、

みんながパーティ会話をしている間に、

サンタエプロンと帽子を被ったら、

びっくりして拍手してくれました。\(^o^)/

 

英会話講師というより、

エンターテイナーをめざしています。

 

 

 

Merry Christmas! 

 

 

 

 

 

お知らせ  

★2023年ユーモアコミュニケーション春コース(3月からスタート)の募集を開始しました! →詳細はこちら

 

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。