ユーモアコミュニケーション秋コース スタートしました!

 

 

 

ユーモアセンスとは

面白いことを言う力ではなく、

面白いことを見つける力。

 

学べば学ぶほど、奥が深いユーモアコミュニケーション。

同じ目的を持った仲間と練習することで、

ものの見方が変わり、

出来事を客観的に見られるようになっていきます。

 

今回も素敵なメンバーがエントリーしてくれました。

 

「相手の緊張をほぐせるようになりたい」

「生真面目な自分を変えたい」

「表現力をもっと磨きたい」

「しんどいときでも楽しくいられるようになりたい」

「職場や家庭でもっと和やかな会話ができるようになりたい」

「ユーモア体質になってきたので、ここでやめたくない」
 

 

 

第1回目のテーマは、

「ご機嫌な自分になる」でした。

楽しい雰囲気を作るには、

まずは自分が機嫌よくいることが大切です。

 

つらい状況を乗り越えるためにもユーモアは役に立つのですが、

それでも一旦落ち込んでしまうと、

楽しいことを思いつかず、

どんどんネガティブになってしまいます。

 

そこで落ち込んでないときに、

Fun リスト を作る必要があります。

 

米国ユーモアアカデミーの講師 キャレンバックスマンも

FUN リストを勧めています。

【もっと笑える毎日に Fun List を作る】の記事はこちら

 

今日は自分がご機嫌になる習慣を話してもらいました。

 

いろんな面白い習慣がありますね。

例えば朝起きたら、空に投げキッス

 

 

今回は、初めて師匠の下書きなしで描きました。

 

 

そういえば、空を見るだけで気分が落ち着くから空の写真撮って

友人に毎日送るという人もいました。

その他にも、旅行したときの写真や赤ちゃん、動物の写真、動画を観る人や

走ったり、歌ったり、チョコレートを食べたり色々ありました。

ウォーキングで鳥や虫、植物にも声をかけるKさんの話は、

私も明日からやってみます。

 

 

Sさんお勧めの

87歳の一人暮らしのユーチューバーの動画は、

元気もらえますので、

よかったらご覧になってみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

明日もご機嫌な一日をお過ごしください!

 

 

 

 

 

お知らせ  

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。