ずるく生きていこうと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

70冊以上の本を執筆した

心理カウンセラーの心屋仁之助氏の本ですが、

これが最後の著書になり、

これからは、音楽活動に専念するそうです。

 

心屋氏は実は一度お会いしたことがあります。

2013年のセミナーコンテストグランプリの審査委員の1人で、

懇親会のときにギターを弾きながら歌っていました。

それほど歌が好きだったのですね。

 

この本のメッセージを一言でいうと

「頑張らないで、好きなことだけして行こう!」

「そりゃ~言うのは簡単だけど、それじゃぁ生きて行けないよ」

という人も多いのではないでしょうか。

でも心屋氏は、ときめかない人間関係、物、仕事を捨てて、

自分が好きなものだけにしたら、

すべてが上手くいくようになったと言います。

 

 

私はここ10年ほど自分では頑張っていない、

好きなことしかしていないと思っていたのですが、

この本を読んで、案外頑張っていたことに気づきました。

 

なぜそう思ったかと言うと、

頑張らないで、好きなことをやっている人がいると

イライラしていたからです。

「私はこんなに頑張っているのに~!」

と感じていたのだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

勝手に頑張って、勝手にイライラする。

周りに感謝を求め、人として感謝するべきだけれど、自分は感謝しない。

だって自分だけ頑張っているんだから。

 

その負のスパイラルから出るのが、

人に任せる、頼る、迷惑をかけることだと心屋氏は言います。

そうすると自然と感謝が湧き出る。

イライラしていたのは、

実は自分がやりたいことを

その人がやっているからなのだそうです。

 

だからその人を福の神と思って真似すると

自分だけの思い込みだったことに気づくのです。

・・・・・・・・・・・

 

嫌な人のマネをする

なんて思いつきませんでしたが、

心が楽になるのならやってみる価値はありますね。

 

その他参考になったこと:

・足すのをやめる

・ラクして幸せになる← これ、最高ですね!

・母親の人生を生きるのをやめる ←やっていました!

・深刻にならないように、

ギャル言葉を声に出して言ってみる←笑える!

 

自分に自信を持つ魔法の言葉は、

ユーモアクラスやシニア英会話クラスでも

使っていました。

声に出して言ってみることが大事。

 

『いいかげんに生きる』

も良かったですが、

『ずるい生き方』は14年間の総決算なので

私にはこちらのほうが響きました。

 

平本あきお氏との対談のYOUTUBEも面白かったので、

お時間がある方は、ご覧ください。

 

よ~し、これからは、ずるく生きて行くぜ! (^O^)/

お知らせ  

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。