今日は、大田区民大学コミュニケーション6回講座の最終回でした。

 

講師は第1、2回に引き続き クラウンアンバサダー&メンタルコーチのまりちゃんこと金本麻理子さん。

 

 

衝撃的なお話を伺いました。

 

 

 

パッチアダムズが「こんなに悲しい目をしている女の子は見たことがない」と言ったエクアドルの5歳の少女。 

病院で一番ケアが必要な患者さんとして紹介されたそうです。

 

ずっと無表情。口も開けられず、2日後に胃ろうの手術が決まっていました。

父親にレイプされていた5歳の女の子。

 

パッチは、1時間 いろんなことをして女の子と遊びました。

 

 

でも何も変わらなかった。

 

同じ病院に行くことはないパッチアダムスが、どうしてもその女の子のことが気になり、

次の日また彼女に会いに行きました。

トトロのように仰向けになって女の子をお腹の上にのせたりして1時間遊んだそうです。

 

それでも何も起きなかった。

 

自分の無力さを感じ、アメリカに帰ったパッチでしたが、それでも女の子のことが忘れられず、2週間後 その病院に電話をしました。

 

すると信じられないような話を聞かされたのです。

 

あの日以来少し口を動かすようになって、食べ物を口から食べられるようになった。

 

胃ろうの手術は取りやめになり、幼稚園にも通えるようになったと。

 

パッチアダムスの力だけでは できなかったかもしれません。

パッチアダムスのかかわり方を見たスタッフが 声をかけ、アプローチしていくことで

少しずつコミュニケーションが取れるようになったのだろうと 金本さんは話していました。

 

すぐに結果がでるわけではない。 

スピードはそれぞれ人によって違う。

 

でもあきらめないでアプローチしていこう。かかわっていこうと改めて思いました。

 

 

6回講座を企画してくれた大田区の企画委員の皆さん、講師の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

平日の朝でしたが、週末 平日の夜でも こんな講座がどんどん増えてくるといいなぁと思います。

 

たくさんINPUT させてもらったので、これからは、どんどんOUTPUT していきますね!

 

まりちゃんと2ショット!

 

 

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら