「あなたの声は聞いていて疲れます」

トーストマスターズのコンテストに出場し始めたときのことです。

「あなたの声は最初から最後まで同じで、聞いていて疲れます」とコメントに書かれたことがあります。(英語)
ショックでしたが、確かに録画を見ると同じ調子。

父にも「そんなにどならなくても聞こえる」とよく注意されていました。 
でもどう変えたらいいかわかりません。

そんなある日、たまたまコミュニティーペーパーで見つけたんです。
「4日間ボイストレーニングクラス!」

「やったー!歌が歌えるようになる!」
期待に胸を膨らませて地区センターに行くと、総勢20名。
おじちゃん、おばちゃんがほとんどでした。(私もその一人 笑)

びっくりしたのは、1時間のレッスンで、歌うのは、最後の5分だけ。
あとはずっと体操ばかりだったのです。

体全体をさすったり、床にあおむけに寝てみたり
四つん這いになって深呼吸をしたり、ボールを投げるふりをして声を出したり。

でもそのおかげで、ついに分かったのです、腹式呼吸が! 
こういうことだったのか!

感動しました! 

思わず飛び跳ねてしまいました。(頭の中で 笑)

最終日にもっと続けられないかと先生に相談すると
な、な、なんと先生のマンションは、家から徒歩1分!

  Happy Lucky Me!  

最初の一年は声を出すだけでした。
どうしても余計なところに力が入ってしまうらしく
スクワットしながら歌ったり ゴムの紐を肩に巻いたり。
腕をぶらぶらさせて声を出したり。
まるで体操のクラスのよう。

 

でも実は体は楽器なのですね。
その楽器ができないといい音が出ないわけです。

 

家での練習として顎の力を抜いてがくんと落とすこと。
口角と頬っぺたを上げるように言われました。
ちょうどくしゃみが出そうで出ない顔です。(笑)
 先生はこれを毎朝50回しているそうなのです。

でもこれって顔の表情筋を使う笑顔のトレーニングにもなりますね。

ボイストレーニングを受け始めてから5年になります。
腹式呼吸のおかげで、長く話しても疲れなくなり、

スピーチの後に声を褒められることもあります。

明るい声のトーンで話すだけで、場の雰囲気がコロッと変わります。

声の威力ってすごいんですよ。
声って こえー! (笑)

お知らせ

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら