ユーモアセンスには、つらい状況を乗り越えさせてくれる力があります。

 

柏木哲夫氏のCD「ユーモアの力」の 続きです。(いのちの言葉 ホスピスケアの現場から より)

「壁を取り崩すユーモア」は、こちら 

 

不安を吹き飛ばすユーモア

柏木先生は川柳が趣味で、その影響で、川柳を始める患者さんもいるそうです。

一人の患者さんが 手術前にこんな川柳を作りました。

 

「お守りを 医者にもつけたい手術前」 

 

不安だったのでしょうね。

これを聞いた医師もユーモアセンスがあり、患者さんのベッドサイドに行って、

「心配しなくてもいいですよ。私は、近畿で一番腕のいい医者ですからね」(笑)と言ったとか。

自分の状況を歌にすると、客観視できるので、少し気持ちが楽になるのですね。

そしてユーモアをわかってくれるお医者さんとの会話で、きっと安心して手術を受けることができたと思います。

 

末期がんの患者の妻が書いた川柳

年末に体調を崩した夫が 最後のお正月を家で過ごして 病院に戻ったときのことです。

「私も川柳作ったんですよ」と言って、妻が読んだ初めての歌は、

 

「がん細胞 正月くらいは寝てくらせ」
  

 

柏木先生はぷっと一瞬笑った後、悲しみが湧いてきたそうです。 

「私の大事な夫をこんなに弱らせて。がん細胞よ、せめて正月くらいは、悪さをしないで寝てなさいよ。」というやるせない気持ちがわかったからです。
 

 

ユーモアは痛みをやわらげ、苦しみを乗り越える手助けをしてくれます。 

 

でも突然不幸に襲われたらユーモアなんて考えられないですよね。 

だからこそ、普通の生活を送っているときに ユーモアセンスを磨くことが大切なんです。