ある人のことで悩んでいた時のことです。

その人の助けになりたいと

忍耐強く話を聞いていたのですが、

同じことばかり言っているように感じ、疲れてきました。

状況は全く変わらないまま月日だけ過ぎていき

焦り始めていたころ、あるチラシが目に入ってきました。

「対話力アップ講座」

講師が日本カウンセリング学会認定カウンセラーであり、

川崎いのちの電話研修担当者 会代表。

すぐに申し込みました。

「理解したつもり、伝えたつもり、分かり合ったつもりの中から誤解や傷ついた関係も生まれます。

自分自身の欲求に気づき表現し、聴いてもらい、分かり合う本来的な出会いの関係について学んで行きます。」

この案内だけではよくわからないのですが、

自分を見つめなおし、相手の話を聞くワークを通じて感覚を研ぎ澄ます衝撃的なクラスでした。

特に印象に残っているのは、クレヨンで自分を器に例えて絵を描くこと。

崖っぷちに置かれた壺だったり、

テーブルの上に置いてある一枚の皿だったり、

それぞれ違う器がとても象徴的なのです。

説明を聞くとそれが自己紹介にもなっていることに驚き、

自分の絵から自分が持っている欲求にも気づかされました。

 

毎回自己への気づきとロールプレイ。

ロールプレイでは聴き手を観察。

会話の後に感想をシェア。

今までは話す人しか見ることがなかったので新鮮でした。

うなづきの仕方、姿勢、相槌、質問の仕方などいろんな気づきがありました。

「よそよそしいなぁ」とか「上から目線だなぁ」とか

逆に「丁寧すぎるんじゃないか」と思うほど毎回うなづいている人もいました。

観察者としてそう感じたのですが、話し手はそう感じていないということにも驚きでした。

人それぞれ自分が心地よい聞き方があるのですね。

 

聞き方が変わると人間関係が変わる 

毎回4時間のクラスでしたが、

何度も相手を替えて話を聴くうちに

だんだんと聴く力がついてきたようです。

 

聞き方が変わると 今までギクシャクしていた人との会話がスムーズになり、

ずいぶん気持ちが楽になりました。

冒頭に紹介した方とも今では笑って話せます。

 

24日(日)日本語ユーモアコミュニケーションクラスを開催します。

テーマはアクティブリスニング 

大事な人とのコミュニケーションをより良くしたい方のためのクラスです。

ご興味がある方はぜひお越しください!

全く関係ない雑誌の表紙ですがタイムリーだったのでアイキャッチ画像に。

 

 

 

 

お知らせ

■本を出版しました。
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。   →ご購入はこちら


■日本語ユーモアコミュニケーションクラスを開催します!
11月24日(日)13:30~16:30
→詳細はこちら