今日はまちBIZシニアライフサポートのメンバー

西村友美さんの講座に参加しました。

 

 

熱心にメモを取っている私 (笑)

正直言って写真整理は好きではありません。

過去のことを振り返るより今を楽しみたいと思ってしまう方です。

ところが西村さんのお話を聞いているうちに

いろんなことを考えさせられました。

 

まず写真は高齢者にとって

1.認知症予防になる

2.回想法(昔のことを振り返る)ことで脳が活性化する

3.心が癒される

そうです。

もちろん誰も認知症になりたいと思う人はいませんが、

こればかりはわかりません。

もし自分の選んだ写真集を持っているだけで 

自分を元気づけることができるとしたら

これはやってみる価値があります。

 

このほかにも写真を通して

・自分がいかに恵まれてきたか感謝の気持ちが沸き起こる

・自分の一生を振り返ることができる

・次の世代に自分の時代を伝えることができる

などいろいろなことができます。

 

写真を整理することは自分のためにもなりますが、

次の世代に残すということも大事なことではないかと

講座を受けて感じました。

今は核家族化が進み、祖父母と話す機会も少ない時代。

NHKにファミリーヒストリーという番組がありますが、

なかなか自分の祖先がどういう人だったのか調べるのは大変です。

でも自分の祖父母だったら 写真も残っているし

そこにどんな人だったのか言葉を添えることで

後の世代も興味を持つかもしれません。

なんたって自分のルーツなわけですし。

 

例えば7年前に亡くなった義父は、

掃除が大好きで子煩悩だったから

掃除している写真と孫と遊んでいる写真。

そしていつも行くたびに テプラの使い方を訊いていたのでテプラの写真とか(笑)

 

私の父はサッカー大好きだったので、若いころサッカーしている写真や

山登りしている写真 

70歳で英語も話せないのにイギリスに単身留学した時の写真とか。。。

 

私だったらどんな写真を選ぶだろう?

40代で出たジャズダンスの発表会のぴちぴちギャルの衣装は

ぜひ残しておきたい。(笑)

 

草刈家代々に伝わるコンニャクダンスの他に

面白写真集も加えたいという気持ちになりました。

 

西村友美さんのHPは こちら

まちBIZシニアライフサポートはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

■本を出版しました。
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。   →ご購入はこちら


■日本語ユーモアコミュニケーションクラスを開催します!
11月24日(日)13:30~16:30
→詳細はこちら