今朝のあさイチは「日記特集でした」

私も3年日記つけていたのですが、白紙が目立つようになり、

今年は5年日記に変更しました。

今日の番組で紹介していた1行日記が

ユーモアセンスを磨くのにも役に立つと思ったのでご紹介します。

 

ポイントは喜怒哀楽など自分の心が動いた場面をかくこと。

例えば友達との待ち合わせの場面。

「友達をバス停で待つイライラを深呼吸で手放す」

そのときの気持ちに気づいてどう対処したかをそのまま書くのだそうです。

「のろのろ運転の車への怒りを慈悲の心で手放す」

 

~で手放す という書き方が潔くていいと思いました。

 

もちろんいいことがあったときは素直にその気持ちを書きます。

「ズッキーニの花を見つけ心が和む」

 

良いことがあったとき、嫌なことがあったとき、

どう対応すれば、折り合いがつけられるのか

1行日記で経験を積み重ねることができるのです。

(あさイチ)

これはスピーチのネタにもなりますね。

 

1行日記をつけている島根県の50代の女性のコメントです。

「マイナスなことをプラスに考えたり、嫌なことがなくなってきたと思う。

上手にあきらめるというか受け流すこともできるようになった。

だいぶ楽になりました」

 

1行日記でやっていることは実はマインドフルネスというトレーニングと同じだと言います。

自分を客観視することで気持ちが楽になる。

ストレスによって動いてしまった心を平常心にすぐ戻せる。

客観視したときに可笑しさを見つけられたら、くすっと笑えてもっといいけれど、

まずは客観視する習慣をつけることですね。

今日は義母の検査の付き添いで疲れてしまい、

帰ってから夕寝して目が覚めたら18時半になっていました!(*_*)

でもノープロブラム!

あさイチでやっていた夏のスピード料理

電子レンジを使ってカレーを作ったら10分で完成!

とても10分で作ったとは思えないお味! お勧めです。

作り方はこちら

今回はジャガイモの代わりにズッキーニを使いました。

今日1行日記を書くとすると

「レンジ10分で十分美味しい夏カレー、つかれーも吹っ飛ぶー!」

ですね。(笑)

お知らせ

■本を出版しました。
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。   →ご購入はこちら


■刊行記念ワークショップやります。