先月の英語ユーモアコミュニケーションクラスのテーマは

アクティブリスニング(傾聴)でした。

ユーモアと言うと面白いことを言うことだと思い込んでいる方が多いのですが

聞くことで相手の緊張がほぐれて、ドンドン話をしてくれるようになります。

相手を面白くする聞き方 相手を盛り上げる聞き方がとても大事なんです!

 

今回は欠席者が多く少人数だったため、

スピーカー、リスナーを次々に交代して

話すこと 聞くことを体験してもらいました。

Learn by doing

*相手が話したいことは何かを探す

*具体的には? と深堀していく

*自分が話すことはいったん横に置いて集中して聞く

 

一人ずつ前に出て話してもらったのですが、

海外からの旅行者を案内した話

若い男女のキューピッドになった話

近所のお店が閉まっていて、

オーナーの健康を心配した話など

みなさんの優しいお人柄が出ていて

聞いていて心が温かくなりました。

休み時間には

ユーモアコミュニケーションのヒントになった本の紹介をしました。

こちらです。

ホステスさんとユーモアコミュニケーション。

どちらも相手に楽しい時間を持ってもらうという点では

共通点がたくさんあり、参考になります。

 

* まずは好かれる聞き方を身に着けましょう

*「また話したい」と思うビックリのちから 

* 印象が大きく変わる表情や声音のちがい

* 引き出してあげればお客様の話はもっと面白くなります

* ホスピタリティーの気持ちで会話しましょう。

 

相手が話したいことをみつけてチャンスを逃さず聞く 

少し大げさなリアクション(おどろき、同調)を取るのは

クラスでお伝えしていることと同じです。

お、ということは、クラスのメンバーいつでもホステスさんになれるかも(笑)

後半のユーモア勉強会ではメンバーの得意なことを

シェアしてもらい、それについて質問する時間にしたのですが

皆さんの知られざる過去が聞けて、また一段と距離が縮まりました。

 

(コンニャク体操の前のポーズ)

なぜそんなに前向きに挑戦し続けることができるのか。

なぜいったんギブアップしたことをまた始めようと思ったのか。

なぜそれを学ぼうと思ったのか。

 

WHYを聞くととても面白い話が聞かれます。 

アクティブリスニングのすばらしさを感じました。

相手が好きなことを見つけようとして聞く

そして見つけたら興味を持って質問する。

これからも続けていきたいと思います。

 

次回6月16日の英語コミュニケーション&ユーモア中級クラスのテーマは表現力。

表情、アイコンタクト、間の取り方、ノンバーバルコミュニケーションです。

相手の話を盛り上げるリアクション、

その場の絵が伝わりやすくなる話し方を練習をします。

 

相手を楽しませたい方、

Let’s practice together!♡

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

■本を出版しました。
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。   →ご購入はこちら


■刊行記念ワークショップやります。