3月に傾聴講座で5分間だけ笑いヨガをさせてもらいました。

I was able to introduce laughter yoga for 5 minutes during “active listening “workshop. 

詳しくはこちら

 

笑いヨガ終わって嬉しそうな私。(笑)

 

たった5分でしたが、皆さん笑顔になって

部屋の空気も少し温かくなったような気がしました。

休憩時間になると、一人の女性が勢いよく駆け寄ってきて

 

 

一緒に写真を撮ってくれというのです。

(え~~~~~?)

理由もわからず写真を撮ったのですが、

それからしばらくしてFBの友達申請があり、

彼女の投稿を読んでびっくりしました。

こんなことが書いてあったのです。

。。。。。。。。。。。。。。。

【 笑ヨガ 】

最近、傾聴ボランティア講座に4回ほど通って修了しました。

とても真剣に受け、充実した4日間でした。

傾聴の講座はとても良かったのですが、

それ以上、いえ何倍も何十倍も衝撃的なことがありました。

休み時間に、先生が呼んでくださった

草刈正子さんという方が教えてくださった【笑ヨガ】に大爆笑だったのです。

最近笑うことを忘れていましたので、

余計に意表を突かれた感じで、

1回で草刈さんのファンになりました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そんな風に感じていただけて嬉しかったです。

でも実は、これは私がすごいのではなくて、

笑いヨガがすごいのです。

そして自分の行動を振り返った時、

3人のおかげで、できたことに気づきました。

Kさんが笑いヨガで衝撃を受けたのは

澤村先生(傾聴)が笑いヨガの機会を与えてくれたから。

私が先生に何でもお手伝いすると伝えたから。

上田梨花子さんの1日笑いヨガリーダーのスキルアップ講座に出てやる気になったから。

堀芳子さんが、その講座を企画してくれたから。

芳子さんも私も笑いヨガに抵抗があったので、

Kさんではないですが、梨花子さんの講座に参加して2人とも衝撃を受けました。

 

澤村先生が時間をくれなければ、笑いヨガはできなかったし、

梨花子さんが素晴らしい講師でなければ、

あんなにやる気満々にはならなかったし

芳子さんが、1日講座を企画してくれなければ、

笑いヨガの良さを実感できず、

傾聴の講座ではただ聞いていただけだったかもしれません。

 

今回の学び

■たった5分でも笑いは人に衝撃を与えるということ。

■人の連鎖で自分も他の人に役に立てる機会がもらえること。