昨日義母が病院を退院して、介護老人保健施設に入居しました。

短く言うと老健です。

在宅への復帰を目標に心身の機能回復訓練をする施設です。

自宅に近い所も見に行ったのですが、

そんなに長く入居する必要がなさそうなので、

病院からすぐの場所にしました。

 

病室の隣の患者さんも次の日同じ施設に入居する予定で、

年も同い年。母が9月でその方が1月生まれだというので、

「学年で言ったら先輩ですね!」というと

「でも今度の施設では一日お母さん(義母)の方が先輩よ」

ですって。

あはははは。

同い年なのに、「お母さん」と呼ぶのも面白い。

施設のスタッフさんが迎えに来てくれました。

他の患者さんたちにも「お元気で!」と手を振られて

車いすで退室する姿はなかなかドラマチック。

(そう思ったのは、私だけかもしれませんが 笑)

エレベーターまで付き添ってくれた看護士さんに

「お人柄ですね」と言われたのは、ちょっと嬉しかったです。

 

少し肌寒かったですが、久々の外の空気は気持ちよかったと思います。

桜もきれいでした。

 

着くと明るい看護士さんたちに囲まれ、

部屋に移動。

そこで体のチェック。

施設のお医者さんは

飄々としていて面白そうな先生です。

お菓子の話になり、

「食べたければ食べればいい。でもこちらは責任とらないよ。

ただ、食べたときは看護師に言うように。隠れて食べないように。」

と言うので思わず、

夫を指さして「この人もです!」と言ってしまいました。(笑)

どうか一人くらい気の合うお友達ができますように。。