今日はダイジェスト版2回目でした。

 

今日フォーカスしたのは、

感情を出してから話すこと と 

Yes and…で話を広げることt。

 

Quick Thinking(即興力)では

カードのトピックについて話すだけでなく、 

感情も加えてみました。

 

例えばDisappointed(失望)

カードがドライアーだったら 

ドライアーでがっかりしたことを話すのです。

もちろん作り話でOK.

 

 

Anger(怒り)の感情でも話してもらったのですが、

皆さん怒りを表現するのに苦労していました。

怒ってはいけない。

たとえ怒っていても表面に出してはいけないと

抑えてしまうからでしょうね。

 

私もインプロクラスに参加しているときは、

外国人の怒りに圧倒されてなかなか怒りを表現できませんでした。

少しずつほかのメンバーを見ていてできるようになりましたが、

自分が怒られたときや、頭にきた状況を大げさに表現できると

面白いですよー! 

 

Yes and はペアを組んで話を広げていくのですが、

思いもよらぬ方向に話が行きびっくり。

刀の絵 → 歴史のセミナー → 大人だけではなく子供も参加

→ 折り紙の刀づくり など意外な展開を楽しみました。

 

Yes andは 自分のアイディアの上に相手のアイディアが加わるので

自分が受け入れられた気持ちになり、ポジティブな空気が流れます。

 

今日はやりませんでしたが、インプロでは最初にブロックもやります。

「今日はいい天気ね」「くもりだよ。午後から雨降るらしいよ」

「おじいちゃん、お誕生日おめでとう」
「私は君のおじいちゃんじゃないよ」

ゲームでも否定されるといい気分はしません。

 

二人で話を作っているとき

自分の考えに固執していると

なかなか人のアイディアをYes andで受け入れられないのですが、

 

Yes and…で相手の話を取り入れる癖をつけると

日常会話がとても楽しくなることに気づきました。

特に年老いた親と話す時、役に立ちます。

 

ユーモア勉強会でやったゲームについてはまた明日!

英語コミュニケーション&ユーモア中級クラスは4月21日からスタートします。

テーマはアイスブレイク と ユーモアの基礎 です。