元旦の夜 一気に読みました。

年末、ナイスエイジングの講師市川吉恵さんに勧められて買った本。

「いつかは死ぬんだから」

「どうぜ死ぬんだから」

というようなタイトルだと思っていましたが、間違っていました。

 

 

「すぐ死ぬんだから !!!」

すごいタイトルですね。

エッセイかと思って読み始めたのですが、小説でした。

78歳の主人公の毒舌に笑ってしまいます。

心の中で感じたことを包み隠さず書いているのが可笑しい。

例えば

・同窓会で同級生に「余裕がない。年金暮らしだから」と言われると、

一般老人はなぜお金がないか。貯金をするからだ。

年金をやりくりし、生活を切りつめ、

「老後のために」と貯金するからだ。

全く今が老後だろうが。

 

・見かけに全く関心がない色黒の嫁に

ピンク色のセーターをプレゼントしたときのこと。

「きれいな色!ステキですねぇ」と嫁がセーターを胸に当てた。

死ぬほど似合わない。シイタケが桜餅を当てているようだ。だが私はほめた。

「わぁ、似合う!うっすらと化粧をしたら女優だよ!」

するとシイタケは言ってのけた。。。。

 

 

実際の会話と頭の中で思っていることが逆なのが、面白い。

声をあげて笑ってしまいました。

ネタばれになるといけないので、内容には触れませんが、

展開が面白く、この後どうなるんだろうと最後まで一気に読んでしまいました。

この本を読むまでは、年を取ったらそれなりに見えればいいと思っていたのですが、

見た目ももう少し気をつかおうと思います。