ジョイントミーティング後

東京テーブルトピックTMCのクリスマス会がありました。

 

 

私は「秘密当てゲーム」を担当。

秘密当てゲームは、距離を縮めるゲーム会でも人気No1のゲームです。

 

①まず、メンバーの皆さんに、

他のメンバーが知らない秘密を書いてもらいます。

大きめの読みやすい字で短く書いてください。

分かったときに笑ってしまうような話が理想です。

わかっちゃいるけどやめられない変な癖とか、

弱み、失敗談、過去の悪事、などが理想ですが、

以外な趣味などもいいですね。

②ファシリテーターがすべての紙を集めて、さっと目を通し、読む順番を決めます。

③その中の一枚を読み、書いたと思う人を3名まで出してもらいます。

④3名になったら、その3名に同じ質問をします。

例えば紙に「一日で50万使ってしまった」と書いていたら

「何に使ったのか」という質問が出てくるかもしれません。

それに3人全員が答えます。

ただし、書いた人は本当のことを、

そうでない人はうそをもっともらしく言います。

 

⑤その答えを聞いてからメンバーに誰だと思うか手を挙げてもらいます。

⑥その後正解者に手を挙げてもらいます。

正解者が選ばれた3人でないときは、「え~?!」と驚きの声が起きます。

⑦その場合は書いた人に1分くらいで説明をしてもらいます。

⑧同じように2枚目の紙を読み、①~⑦を繰り返します。

⑨最後3人くらいになったときは、
 
 3人分のを一度に読み、組み合わせで答えてもらいます。

 

このゲームを最初にやったときは、

書いた人を当てて、すぐ答え合わせをしたのですが、

質問をして答えることで、嘘の話ができ、てっきりその人かと思うと

全く別の人だったりして とても面白いのです。

このゲームをやって、人を騙す喜びを知った人もいます。(笑)

 

このゲームのいいところは、

1.メンバーの意外な一面を知ることができ、距離が縮まる。

2.嘘をつくことで、創造力が養われる。

3.サプライズが多く、楽しい!

あるクラブでやったときは、大盛り上がりで、アンコールがかかり、

紙がなかったので、箸の袋に書いたほど。

ポイントは話の意外性とタイムマネージメント。

 

「誰だと思いますか?」

「質問どうぞ!」

「○○さんだと思う人?」

「では正解は!」

リズムよく進まないと時間がかなりかかります。

質問に答えるときも短く答えてもらうようにします。(1分以内)

ぜひ皆さんも忘年会、新年会で試してみてください。

英語コミュニケーション&ユーモア中級クラスダイジェスト版は2019年1月13日です。