土曜日はエリア52でアイスブレイクセッションを担当させてもらいました。

必殺氷割人  (笑)

最初はトーストマスターズの紺のトレーナーを着ていくつもりでしたが、

天気が曇りで夜はクリスマス会があったので、

前回と同じ赤のセーターで。

ユーモア、笑い、アイスブレイクのセッションの時はなるべく明るい色を着るようにしています。

(傾聴の時は、ブルーや青)

色で印象が変わりますが、自分の気分も変わります。

 

60~70人くらいだったので、私が手をあげたら

話すのを止めて手をあげてもらうようにお願いしました。

(ワールドカフェのファシリテーターの時学びました)

 

 

今回は「3つのほぐす」として 体、顔、心をほぐす練習をしました。

最初は体。

コンニャク体操とメンタルフロスです。

コンニャク体操では顎の力を抜くことを強調しました。

ユーモアとはほかの人のためにバカになる勇気を持つこと。

 

例会の後何人かの方に

「コンニャクダンス 良かったです」

と言われました。(笑)

確かにくねくねさせて踊るのもいいかもしれません。

だれか作曲しませんか? 

 

メンタルフロスは、

「スピーチあたったらどうしよう」

「うまいスピーチがしたい」

などという雑念をデンタルフロスのように取り除いてもらいました。

笑いながらやったのですが、

普段笑い慣れていない人にとっては難しかったようです。

笑いヨガも広めて行かねば!

 

そして顔をほぐすでは

いつもの同窓会ゲーム 詳しくはこちら

思いっきり顔で表現してもらいました。

そして最後はハイタッチ。

「いぇーい」

 

心をほぐすでは

ギルティプレジャーと共通点探し。

ギルティプレジャーについてはこちら

時間が短かったのですが、

隣の方と話しかけやすくなったというコメントもらいました。

 

スピーチはどのスピーチもそれぞれに素晴らしく惹きつけられました。

3時間は長いなぁとプログラムを見たとき思ったのですが、

あっという間にすぎたとても充実した合同例会でした。