日曜日はトーストマスターズのディビジョンEのイベントに参加しました。

今回のイベントはトーストマスターズの会員以外の方も参加していたので、

トーストマスターズに入った当時の話をたくさん聞くことができました。

エリアディレクターが一人ずつ入会理由、入って良かったことを話してくれたのは、

ディレクターの紹介にもなり、とても良かったと思います。

自分の録画見て、自分でも何言っているのかわからなかったという話には笑ってしまいました。

その後パスウェイズのセッション、テーブルトピックスセッションと続いたのですが

トーストマスターズのメンバーではない方々が

ステージの上で堂々とお話しされるのには驚きました。

 

後半は過去のコンテストに出場した4人がスピーチしました。

「ハッピーラッキーミー」のスピーチは3年ぶりでした。

座って待っている間 心臓がバクバク。

 

この丁寧なお辞儀をされているのがディビジョンEディレクター丸谷さんです。

このようなイベントが開催できるのは、

ディビジョンディレクターおよびエリアディレクターなどスタッフのお蔭です。

 

他の3人のスピーチはとても勉強になりました。

特に観客とのコミュニケーションが素晴らしかった!

私もあんな風に聴衆を巻き込んで、その場で起きていることを取り込んで

話すことができるようになりたい! と強く思いました。

これを「人生の100のリスト」の一つにして「夢の入り口」に立ちます!

自分の言いたいことをしっかり伝えられる表現力を磨いてこれからの人生

「ぎんぎんぎらぎら」で生きていきます! (笑)

(これは他の3名のスピーチタイトルでした)

 

私のスピーチはハッピーラッキーミー

「どうしても笑顔になれないときはこの言葉を言ってみてください。

ハッピーラッキーミー!」

 

コンテストでないのに、スピーチの後に2分間のコメント時間を取ってもらい

丁寧なフィードバックいただきました。

「私も母の介護の中いつも母の心を明るくするように笑顔で話しています」

「辛いときに笑うなんて本当に難しいと思いますが、作り笑いでいいというので救われました」

「仕事で嫌なことが最近多くて、知らず知らず自分の顔がこわばっているのに、気がつかないようになっていました。

どんな時でもこれは自分への試練。でもきっとそれが自分が解決できる力はもっていると笑顔で行こうと思います」

「『ハッピーラッキーミー』早速実践してみようと思いました」

 素晴らしいコメントから勇気と元気をいただきました! 

こんな貴重な機会をいただき、感謝の気持ちで一杯です。

 

テーブルトピックの問題の一つに

There is a song ”I was born to love you” ♪

Please make a sentence” I was born to ○○ ”

というとてもいい質問が出ました。 

答えた方は I was born to sing ♪ と実際に歌い始めて素晴らしかったです。

私が同じ質問をされたら、きっと

I was born to spread smiling ! と答えたと思います。

(ユーモアと笑いと傾聴も広めたい!)

何人も初めてお会いする方に動画見ましたと言われてビックリしたのですが、

江戸クラブでの動画を見てくださったようです。

内容はほぼ同じですが日曜日のハッピーラッキーミーです。

全国大会でのコメントに「ハッピーラッキーミーというのは感謝の言葉ですね。」と書いた方がいて、感動しました。

感謝の気持ち 笑顔 つながっていますね。