今日は英語コミュニケーション&ユーモア第3回目のレッスンでした。

温かい雰囲気を作るには表情がとても大事です。

笑顔の反対は真顔 

 

 

 

 

こんな顔で話を聞かれたら話づらいですよね。

 

 

まずは笑顔の効果についてオンラインコースのスライドで確認していただき、その後、笑顔の練習

 

やっぱり笑顔っていいですね。

ただし ニコニコしているだけでは面白くありません。

ユーモアのある話には、ネガティブな感情がつきものです。

怒り 悲しみ 嫌悪 落胆 

日本人が苦手な ネガティブな感情を練習をしました。

ジブリッシュは感情を出す練習に最適です。

 

今まで怒りの感情を押し殺していた参加者の一人は、このエクササイズで気持ちがスッキリしたそうです。

また怒りの感情を持ってもいいんだと自分を認めてあげられるようになりました。

 

 

後半のユーモア勉強会では皆さんのユーモアエピソードに感動しました。

 

・以前は相手を楽しませようと思うサービス精神は全くなかったのが、

ちょっとした一言で場を和ませられるようになった。

・他の人のユーモアスピーチを見て役になりきることの大切さを学んだ。

・期待していることが裏切られると笑いに変わる

・アメリカ人は褒めるのが上手。同じ色が好みというだけで

「先祖が同じなんじゃないかしら!?」とまで喜んでくれる

・嫌なことがあっても深刻に受け止めず笑いに変えている(アメリカでの経験)

・仕事の報告をしている最中に上司が” Good job!” と褒めてくれるのが嬉しかった

・面白いことを投稿しようと思うことで 面白いことが前より目に入ってくるようになった。
 ユーモアを生活に増やすには ユーモアをもっと意識すること。

・子供の一言がかわいくて FBで読んで 吹き出しそうになった。

ユーモアを見たり聞いたりすることだけではなく、

実際にユーモアを普段の生活に取り入れることがどんどん増えていきそうです。

 

次回は11月18日(日) テーマはボーカルバラエティ

単調な話し方は飽きてしまいます。人を惹きつける話し方練習します。

(残席1名)

ユーモア勉強会は残席2名です。