今日は日常傾聴を広める団体 アクティヴリッスン講師の報告会がありました。

まずは小中学生と保護者対象の講座を担当された方からの報告。

子供たちが飽きないようにボール パペット カードゲームを使い

とても楽しい講座だったのが分かりました。

子供向けに言葉も工夫されていました。

否定する言葉は「ちくちく言葉」受け止めの言葉は「ふわふわ言葉」

言葉にもユーモアがありますね。

 

例も子供の愚痴にすぐ注意する母親の例を出したり、

子供にも親にも役に立ちます。

小さいときに傾聴を学んでいたら、もっと穏やかな家庭になっていたことでしょう!

( 今でも 「ちくちく言葉」出てしまうことがあり反省しています)

私も8月の講座 横浜講座 と 袖ヶ浦の講座の報告をしました。

傾聴という言葉は固いので、アクティブリッスンを広めて行くことにみんな賛成。

相手に寄り添う聞き方というと受け身に聞いているイメージを持っていたのですが

相手のことを理解するために 相手の気持ちをわかろうとするためにアクティブに

聞いていくのが 本来のアクティブリッスンだと聞いて嬉しくなりました。

来月の英語コミュニケーション&初級クラスでもお伝えしたいと思います。