英語ユーモア&コミュニケーション秋コーススタートしました!

2011年から続けているクラスも7年半になります。

ユーモアクラスの練習の一つは感情を伝えるということ。

リアクションを大きくするのには、英語はとても便利です。

Fantasitic! Wonderful! Awsome! Marverlous! Splendid! などなど

褒める言葉がたくさん。

自分を褒めて 人にも褒めてもらう 褒め褒めワーク 

 

 

最初は照れてしまう人もいますが、何回も繰り返す内に慣れてきます。

 

 

 

初対面でも話しやすい人 居心地がいい人 ってどんな人か

話し合ってもらいました。同じこともありますが、人によって

少しずつ違います。

 

今日はユーモア伝道師でユーモアアカデミーの講師でもあるKaryn Buxman が作成した HQ ユーモア指数を測る

チェックシートに書き込んでもらいました。

ユーモア認知度と ユーモア応用度の二つからチェックします。

ユーモア認知度は ユーモアを見つける力 

ユーモア応用度は ユーモアを使える力です。

 

・他の人とユーモアをシェアしているか。

・苦しいときでもユーモアを見つけられるか 

・相手との関係を考慮してユーモアを使うか

・ユーモアを体験できるような環境にしているか

・他の人を元気づけるユーモアを使っているか

などかなり細かい質問ですが、ユーモアの効用が質問を読むことでわかります。

 

最後は気持ちを込めてハッピーバスデーを2人に歌いました。

 

英語初級クラスは10月7日 国際文化会館で開催します!