今朝1時過ぎ 父が旅立ちました。

10日ほど前はリビングでテレビを見ながら、

私とキャッチボール(小さいゴムボールで)もできたし

後だしじゃんけんもできていたのに。。。

曾孫の写真を見せると「かわいいなぁ~」と目を細めていたのに。。。

 

食は細くはなっていましたが、3日ほどもう何も受けつけなくなり、

土曜日に行くとまるで別人のようにやせ細っていました。

医師に「あと数日でしょう」と言われ、

日曜日、月曜日と家族が全員 見舞いに来た数時間後

息を引き取りました。

夜中の1時過ぎだったので私も家に戻った後だったのですが、

同居している弟が最後を看取ることができて良かったです。

 

弟は父が病院には行かないと言い張るので、

訪問介護してくれる病院にいくつも電話しましたが、みな断られ

もう自分が看取るしかないと覚悟を決めたと後で話してくれました。

ただ警察沙汰になることを心配して

もう一度かかりつけの病院に電話するとラッキーなことに                                                                                                                                                                            同じ担当者で

「4日後だったら訪問介護できますが、それでは間に合わないですね。」

とすべて手配してくれました。

1時間後、医師と看護師が到着。

その後酸素ボンベが運びこまれ、

訪問看護師、薬剤師と次々に来てくれたとか。

本当にありがたいことです。

昔、父が「突然死は家族がショックだから、3,4日生きておさらばがいいな。」

と言っていましたが、その通りになりました。  すごいね お父さん。 

 

空に浮かんだ雲が

笑っている父の魚のように見えました。