麻布地域交流フェスティバルで 笑顔の講演をさせて

いただきました。 

私のセッションが11時15分スタート。 で、

焼きそば販売開始が11時。

 

笑顔より団子(笑) 当然と言えば当然。

ほとんどの人が中庭に 大移動。

「ありゃりゃ~ こんなに準備してきたのに 誰も聞いてくれないのー?」

 

そこへ次々と 英会話のクラスのメンバーが入ってこられました。

 

オー ワンダフル!  

 

考えてみると2013年のセミナーコンテストグランプリ以来、

笑顔は私がお伝えしたいメッセージの一つです。

英語コミュニケーション&ユーモアクラスでも 

距離を縮めるコミュニケーションでも

笑顔について話してきましたが、

、笑顔だけについて1時間話すのは初めてだったので

最後の最後まで何に絞るか迷いました。

やはり笑顔なので、写真は欠かせません。 

 

いつも登場いただく新郎恩人のIさんに加え、スタッフのWさん。

真顔と笑顔の違いが明らかで、思わず皆さん大笑い。

 

 

最後はハッピーラッキーミーのスピーチを聞いてもらいました。

 

ノウハウよりも、ストーリーが記憶に残ると思ったからです。

 

一番上手く行ったところは、ペアワークで お互い褒め合うこと。

皆さん とても素敵な笑顔になっていました。

 

ドラキュラが血をすって生きているとしたら 私は笑顔を栄養として

生きているのかもしれない。。。  (笑)

 

どんなに笑顔の効用を語っても エクササイズで 一瞬形は作れても

人と人が会話するときに自然に起きる笑顔には 到底かなわないと思うのです。

 

講演後 焼きそばをいただくと柳亭 明楽さんによる落語 

転失気(てんしき)と 時そばを聞かせてもらいました。

 

どちらも前に聞いたことある落語だったのですが、

大笑いしました。  

記念撮影