少し涼しくなったので、部屋の整理を始めました。

そして見つけたこの本、

笑いましたー! 

 

「われ笑う、ゆえにわれあり」 土屋賢二著

 

御茶ノ水大学の教授(哲学)で50歳でユーモアエッセイの執筆を始めたそうですが、

言葉の使い方、普通のことをこねくり回して説明するところ とにかく可笑しい。

 

「はじめに」から笑えます。

…………………………………..

以前から書きとめていたものが 

かなりの量になり、

出版をしきりに勧めてくれる人が

まわりにいなかったので、

自分から出版を交渉した結果が 

この本である。

 

事前に何人かの人に読んでもらったところ、

「面白くない」と言う者と

「つまらない」と言う者とに意見が分かれた。

 

なお、公平を期すために、

「非常にくだらない」

という意見もあったことを

つけくわえておこう。(p.7)

……………………………………….

 

どの章も面白いのですが、

「あなたも今日から老化が楽しめる」で

否応なく年をとったと

実感させられる場面の例が大げさで吹き出してしまいました。

 

・曾孫が還暦を迎えた

・老人会へ行って会員の父兄と間違われた

・同窓会に出席したら 生きているのは自分だけだった。

 

ぜひ電車の中で読んで ニヤニヤ菌をふりまいてください!