昨日 たまたま車を運転していると

夏休みの子供科学電話相談がラジオから流れてきました。

 

虫についての質問が続いて3つ目の質問は、

 

「人はなぜケンカをするのですか?」

 

という小学生からの質問。

 

おぉー、なんて深い質問!

 

どんな答えをするのかと

期待で胸を膨らませ

ハンドルを握っていると

その分野の専門の先生が

こう話し始めました。

 

こんな実験をしたとしよう。

 

○○君(質問した子供)と○○くんの友達がいる。

 

そこでおじさんが○○君の友達に聞こえないように○○君に

 

「友達が押してくる力と同じくらいの力で押して」という。

 

○○君の友達にも

 

「○○君が押してくるのと同じくらいで押し返してほしい」という。

 

ここまで、わかるかな? 

(わかるはずないでしょ!)と思わず車の中で叫んでしまいました。(笑)

 

案の定○○くんがわからないので、

担当の先生はもう一度この説明を繰り返しました。

 

その後の話をまとめると

相手と同じ力で押し返すと言われていたにも関わらず

相手より強い力で押し返してしまう ということが分かったとのこと。

だからケンカしてしまうときは、人間には、そのように相手より強い力で返してしまう

傾向があるから、ケンカになってしまう。 

 

運転しながらだったので、正確ではないかもしれませんが、

このような内容だったと思います。

 

司会者の人が

「ちょっと難しかったけど(ちょっとどころではない)分かった?」

と聞くと 小学生の男の子は

「わかりました」 

と答えて その質問は終わってしまいました。

 

 

「全くわかりません!」と言ってしまうと

次の質問に行かれないことをわかっていたのですね。

 

せっかくいい質問だったのに とっても残念でした。

 

トーストマスターズのスピーチのマニュアルにも書かれていますが、

話すときに最初に考えなくてはならないのは、

誰に話しているのか。

Who is your audience ?

 

相手は小学生。 

小学生がわかるように話してほしかったです。

 

だいたい、○○くんのいうケンカって

兄弟げんかなのか、

お父さんとお母さんの夫婦喧嘩なのか、

学校での友達とのケンカなのか。

それくらい訊いてもよかったのではないかと思います。

 

なぜ人はケンカするのか。

「ケンカするほど仲がいい」

「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」

本当だろうか。

「ケンカ」 面白いテーマですね。

 

ユーモアがあると結婚は長続きする。

ユーモアがない結婚は永遠に続くように感じられる。