先日電車に乗っていた時のことです。

目の前に5歳くらいのとっても可愛い女の子とお母さんが座っていました。

白いTシャツの上に赤い花柄のシャツ。下はライトブラウンのガウチョパンツ。

麦わら帽子もパンツも色 形が微妙に少し違うのがとっても素敵です。

まるで子育てママ向けの雑誌に出てくるようでした。

ところが母親は携帯に夢中。

 

女の子はしきりに手にもっている 髪飾りをお母さんに見せようとするのですが、
全く無視。

携帯が終わると母親は目を閉じてしまいました。

女の子が退屈で 足をぶらぶらさせて私の足にちょっと当たったとたん。

「すみません!」という母親の声 

首を振って私が「全然大丈夫ですよ~」と言おうとするやいなや

娘をにらみつけ、言いました。

「じっとしてなって言ったでしょ! 足がぶつかったんだよ!」

 

微笑ましいペアルックと言葉使いのギャップに 思わず引いてしまいました。

うつむく女の子。

 

「全然大丈夫よ~ それより2人ともお揃いで可愛いわねぇ。手作りなんですか?」

と言えていたら。。。。

 

それからも母親は居眠り 女の子は退屈で 途中立ち上がっては
乱暴に手を引っ張られて座らされていました。

 

「あれ~座らないなら おばちゃん座っちゃおうかなぁ~ 」

と言えていたら。。。。

 

私が空いた反対側の席に座ってからも 女の子は退屈そうで 時々 母親にちょっかい出しては叱られて、しょげていました。

親子の会話はありません。

なんだか暗い気持になりました。

 

私にもう少し勇気があれば、不良っぽい言葉にビビらずにいたら。。。

 

「わぁ 降りる駅同じね。じゃぁ着くまでしりとりする? かもめ め 」

「あ、いいからいいから。ママさんはいつも子育てで大変なんだから休んでいていいわよ」

少しだけ2人を笑顔にすることができたかもしれません。

 

「3か月前に孫が産まれたんで 大きくなったらお嬢さんみたいになるのかなぁ と思って」

「えー!!! お孫さんがいるんですかー!とっても見えませんよ!」(笑)

「まぁ うれしい!」

私も笑顔になったかも(笑)

 

「がんばらない」の著者である鎌田寛医師は ホスピスの患者さんを回診するまえに

自分の心をあったかくしてから病室に行くそうです。

「ぼくが行けば 患者さんのまわりの空気があったかくなる。それが自分の役目だと考えているんです。

『心のあったかさ』があれば、人はなんとか生きていける。 そう信じているんですよ」

 

自分の心が温かければ 温かい言葉も自然に出てくるはず。 

まずは自分の心を温めておくことなのでしょうね。 

まだまだ火力が足りません(笑)