もーくん(清水基さん)と私が出会ったのは、2年前に初めて開催した日本語ユーモア&コミュニケーションクラスでした。

最初から、明るく楽しく みなを笑わせていたので、

なぜユーモアクラスに参加されるのかわかりませんでした。

 

 

「ユーモアは人を笑わすことではないんです!」
 

この言葉にまるでハンマーで頭を殴られたような気がしたというもーくん。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「この人が話すよりは俺が話した方が絶対に面白いはずだ!」

 

変な自信をもってほとんど人の話を聞いておらず、

自分のトークの反芻をして楽しんでいました。

 

マーサの講座で学ぶうちに、

時々発生する変な空気の原因が、

実は絶対面白いはずの私のトークのごり押しだ、

と認めざるえなくなりました。

 

同じころトーストマスターズの役員を任され、相手が求めていることを

しっかり知るためには、その人に関心を持つしかない、と思うと共に

ある先輩のことを思い出しました。

 

その先輩は、話が面白くて、私がちょっと前に話していたことを加味して話してくれるんです。

『この人 私の話聞いていてくれたんだな。』と思い

とても嬉しくなったんですよ。

 

最近、もしかすると その先輩は そんなに面白い話をしていなかったような気がするんです。

でも、自分の話を聞いてくれていた、

という喜びが加わっているから 

面白いように感じたのだと思います。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

——– もーくんは、この今まで起きたことを覚えていて後で出すこと(英語でいうとcall back )が非常に上手です。——–

 

 

コンテストスピーチで「怒りそうになったら5秒数える」というメッセージのスピーチがありました。 

インタビュアーのもーくんは、同じクラブのコンテスタントに 

「清水さんには言いたいことがたくさんあります!」と言われ、

すかさず怒りのスピーチをしたコンテスタントを指さして、

 

「わかりました。でも5秒数えてからお願いします!」

 

と言ったそうです。

 

もちろん会場は爆笑。

 

今までの経過の中で聴衆と共有していたことを話すのは、英語ではCall backといい、

ユーモアスピーチのテクニックのひとつとしてあげられています。 

 

相手の話をよく聞き、覚えていて、それを自分が話すときに 取り入れる。 

 

どこでも周りを明るくしてくれるもーくん、 これからもどんどん周りの人を輝かせてください!

 

最後にいつもの質問をしました。

 

「あなたにとってユーモアとは?」

 

「究極の嗜好品」です。