また今年も七夕の季節になりました。 

 

「家族が幸せで暮らせますように」

「みんなが笑顔でいられますように」

という一般的なものから

「良い転職ができますように」

「アイドルになれますように」 

「テストで10位以内にはいれますように」

などと具体的なものまでいろいろ。

 

中には、「巨人頑張れ!」とか

「ゆうこは俺がもらった!」とか 

短冊の趣旨からずれているものもありますが、それはそれで楽しいです。

 

感激したのは女の子が書いたと思われる短冊。

「お父さんのお仕事が上手くいきますように。

お母さんが発表会でフルート上手にできますように」

 

ときれいな字で書いてあります。自分のお願いごとは一切なし。

なんて優しい女の子なんでしょう。 

 

孫娘もぜひそういう女の子に育ってほしい。

 

「おばあちゃんがトーストマスターズのコンテストで優勝しますように。。。」(笑)

 

 

笑ってしまったのが、これ。

 

「すごいぞうになれますように  わたる」 

 

わたるくんに聞きたい。

これは いったいどういう意味なの?  

ぞうって あのお鼻の長い象さん?

 

劇で象の役でもやるのでしょうか。

それとも「すごいぞう」というキャラクターがあるのだろうか。

幼稚園で「すごいぞう」という賞でもあるのかな。

 

何にせよ、この短冊を見たとたん、くすっと笑ってしまいました。

ありがとう、わたるくん!