AATH 米国ユーモアセラピー協会の 集合写真です。 

最終日に撮ったもので、もうすでに帰ってしまったメンバーもいます。

今年の参加者は150名ほどだったそうです。

アメリカ以外からではノルウェイ、カナダ、ナイロビ、オーストラリアなどから来ています。

日本からは2名。 来年はサンディエゴです! よかったらぜひ!

 

アメリカ人は笑いの沸点が低いといいますがAATHのメンバーはさらに低い。

基調講演でもワークショップでも声をあげて笑っていました。

 

もちろんスピーカーの話が面白いからでもありますが、笑う体質の聞き手が多いと思いました。 声を上げて笑うことに対して抵抗がない

それに対して、日本では、知らない人が多い場所であると、声を出して笑うことを控えてしまうようです。

 

 

以前 日本で 参加者が20名くらいのワークショップに参加したことがあります。

最初から皆さんの笑いパワーに圧倒されました。

聞くと ほとんどの人が ラフターヨガのリーダー。

 

可笑しいことがあろうがなかろうが、普段から笑いのエクササイズをしている。 

だからこそ、すぐ笑えるのですね。  

 

We don’t laugh because we are happy,
we are happy because we laugh.

William James

 

「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しくなるのだ」 

ウィリアムジェームズ

 

ラフターヨガも広めて行きます! 

 

最後にユーモアのあるサインを。

God,  Grant me the patience.

But hurry

神よ、私に忍耐力を授けたまえ。

でも急いでくださいな。(笑)