今日の英語コミュニケーション&ユーモアクラス(上級クラス)のテーマは

Cultivate your playful Attitude 「遊び心を育てる」でした。

 

Playful attitude(遊び心)を育てれば ユーモアセンスも磨かれます。

 

Play(遊び) というのは、それだけで面白くて楽しいもの。 

 

There is no particular goal you’re trying to achieve.  Once the focus shifts to an outcome

(pleasing someone, doing better than others, achieving a specific level of performance, etc)

It stops being fun.  It may become work!

    (Humor as Survival training for a Stressed-out world  by Paul MacGhee)

 

遊びには、達成すべき目標はありません。 
結果にこだわると

(誰かを喜ばせようとか 他の人より上手くやろうとか、一定のレベルのパフォーマンスを達成しようとする)
面白くなくなってしまい、
Work 仕事にさえなってしまいます。

 

(ストレス社会を生き抜くトレーニングとしてのユーモア ボール マギー著より)

 

子供にかえって遊ぶことで どんどんと心がほぐれていくのが分かります。

 

インプロ(即興劇)で学んだことで 素晴らしいと思ったことの一つが、失敗を明るく楽しくすることでした。

ゲームだから失敗したってどうってことないのですが、どうしても最初は、必死になって失敗しないように緊張した顔で参加しています。

でも実は誰かが失敗したときに笑いが起きるので、失敗はウェルカムなのです。

 

そんな風に失敗に慣れてくると気軽に自分の考えを出せるようになっていきます。 

 

今日は最後にユーモアディベートをしたのですが、いろんな意見を堂々と発表していて感心しました。 

次回の上級クラスは、Active Listening  

相手が笑顔でどんどん話したくなる質問力を身に着けます! 

(残席1名)

 

中級クラスは、521日からスタートです! 

/27~4/30 フロリダで開催される米国ユーモアセラピー協会の総会の話もお伝えしますね!
お楽しみに!