【Bonjitettei トーストマスターズ優勝スピーチ】

 

前回のブログでご紹介した井上敏之氏は2001年トーストマスターズ全国大会で優勝されました。

そのユーモア溢れる英語スピーチをご紹介します。

 

 

内容を要約すると

 

イエローハット創業者の影山秀三郎氏の講演を聞きに行った井上氏。

ビジネスで成功するためのノウハウを期待していたのに、言われたことは、「凡事徹底」

 

「凡事徹底」とは、「誰にでもできる平凡なことを徹底してやり続けること」

 

そして今日からできる3つの凡事徹底を紹介される。

 

1.感謝の気持ちでトイレ掃除

2.笑顔で「はい!」と元気よく返事

3.履物をそろえる

 

井上氏は、どれもやっていないことに気づき 実際にやってみる。

 

妻がハッピーになり、家族がハッピーになった。

すると安心して仕事に打ち込めるので、ビジネスもうまく行くようになった。



構成もメッセージも素晴らしいこのスピーチ、ユーモアの視点から書いてみたいと思います。

 

1.擬人化
  

トイレに名前を付けて(それも自分と同じ名前 笑)話しかけているところ。
「いつもありがとう。 これから私もコンテストで頑張るけど 君も頑張れよ!」

 

. 会話 
  
凡事徹底の前と後での 奥さんに対する返事の違い、お小遣いをねだる娘への返事がすべて会話になっていて 面白い。

 

3.ボディーランゲージ 
 
トイレ掃除をしている様子、酔っぱらって家に帰ってくる場面をやって見せてくれるので、その場で見ているように引き込まれてしまう。

 

4.架空の組織 
     

Putting shoes neatly association 履物そろえ団体(?)そしてメンバーは自分一人というのが可笑しい。

 

5.ボーカルバラエティ
 
”It works “
や 奥さんへの返事「あぁ~」や「はい、ありません!」の言い方が面白い。

 

6.エンディングの歌
  
日本語と英語のミックスで最後に靴の上に顔をのせる楽しい歌。 

 

7.アドリブ
  
タワシを出した時 思わず「心配いりません。これは今日買ってきたものですから」と口から出たそうです。  

 

その他にもアドリブがいくつもあったとか。

 

凡事徹底の動画はこちらです。 (画像は 多少見にくいですが、素晴らしいスピーチなので ぜひご覧ください)

 

このスピーチを聞くと すぐにやってみたくなりますね。

 

 

玄関の靴そろえてきます! (笑)