前回ご紹介した 「笑いの治癒力」で 私が一番気に入っている話をご紹介します。

日本語は英語の後に続きます。

 

Dear Mom and Dad, 

I am sorry that I have not written,
but all my stationary was destroyed when the dorm burned down.

I am now out of the hospital and the doctor said that I will be fully recovered soon.

I have also moved in with the boy who rescued me, since most of my things were destroyed in the fire. 

      Oh yes, I know that you have always wanted a grandchild,

so you will be pleased to know that I am pregnant and you will have one soon.  

                                Love, 
                                    Mary 

 

 

お父様 お母さまへ

長いことお手紙を書かなくてごめんなさい。

寮が全焼して便箋や封筒が全部燃えてしまったものですから。

やっと退院したところですが、

お医者様によれば、全快も間近とのこと。

安心してください。

 

それから火事で持ち物が全部焼けてしまったので、

私を救助してくれた男の子のところへ居候しています。

 

そうそう、二人とも早く孫の顔が見たいとお思いでしょう。

喜んでください。

いまわたしのお腹には赤ちゃんがいてもうすぐ生まれます。

           メアリより

 

Then the postscript:

 

P.S. There was no fire, my health is perfectly fine, and I am not pregnant.

 In fact, I don not even have a boyfriend. 

       However, I did get a D in French and a C in math and chemistry,

and I just wanted to make sure that you keep it all in perspective.       

 

 (The healing power of humor by Allen Klein)

 

 

そしてこんな追伸

追伸  家事など起きていません。
私は元気そのものです。

もちろん妊娠もしていません。
それどころかボーイフレンドさえいません。

ただフランス語でD、数学と科学でCを取ってしまいました。

どうか長い目で見てやってください。

それをお願いしたかっただけなのです。

笑いの治癒力 アレン クライン著)