「スピーチの出だしで笑いを取りたいのですが、どうしたらいいですか」

と聞かれることがよくあります(特に男性)

確かにスピーチの冒頭で、笑いが起きると

聞き手と親密な関係を築くことができ、

注意を払って聞いてくれます。

 

アメリカ人は、オープニングでジョークを言って笑わせたりしますが、

スピーチの内容に関係のあるジョークを見つけるのは、なかなか難しいことです。

 

先月 輝クラブでワークショップのリハーサルをしたとき、オープニングで笑いが起きました。

 

ワークショップの内容よりも オープニングが良かったと言われたので(笑)シェアします。

ペットボトルがあり、画像もぼやけていて申し訳ありませんが、まずは、ご覧ください。(1分)

今回のオープニングで起きた笑いは2種類です。

その1 聴衆をいじる。

反応がいい人を褒めたり、眠たそうな人に声をかけたり。。。 今回は「面白い人間になれる」と答えたメンバーが面白い人だったので、「すでに面白そうですよねぇー」と思わず言ってしまいました。

 

その2 コールバック

(少し前に起きたことを盛り込む) 

 

輝クラブでは全員がスピーチのフィードバックします。

私の前のスピーチで、

「内容が専門的だったので後半、お昼ご飯何食べようかなぁなんて思ってしまいました。」

 と言うフィードバックがあったので、早速それを使わせてもらいました。

 

自分が話す前に起きたことを盛り込むと 

共通の出来事なので笑いが起きます。

 

アイ・ラブ・ユーのスピーチでは、私の前の人のスピーチタイトルが「思い込み」だったので、

「とんでもない勘違いでした」をあえて

「とんでもない思い込みでした」に替えました。(動画はブログの最後にあります)

 

スピーチでも会話でも笑いが起きるには、

相手の言うことをよく聞く

ことなんですね。