先週は2日続けて我が家でのクリスマス会 ♪

一日目は気の置けない友人とのPotluck party 持ち寄りランチ

それぞれがサラダ、飲み物 パン デザートを持ってきてくれたので、一気に豪華な食事会になりました。 

 

2日目の夜は家族のクリスマス会。

 

母が大量の海苔巻きと稲荷ずしを作ってきたので、和風 洋風ミックスディナーになりました。

 

ハイライトは食後のストーリータイム

傾聴のクラスで、

「人は10歳から15歳までの話をすると脳が活性化する」

という話を聞いた私は早速試してみました。

 

「10歳から15歳くらいで一番印象に残っている思い出は何ですか?」

 

朝早く近所の友達とカブトムシを捕まえに林に行ったこと。
(かなり大きなカブトムシだったらしい)

初めてバレエを見て感動したこと。帰国したときのこと。文化祭の英語劇で悪い役人役だったこと(実は私)

 

「へぇーそうだったんだ~!」  

 
ソウルに住んでいた両親は、同じ十歳でも対照的でした。
 
母は終戦直後。引き揚げのとき、両親が寝たきりの祖父をタンカーで運ぶため、着物やおむつの入った行李を運ぶのは
母の仕事だったそうです。

行李を背負って階段を何度も上がったり下がったりする練習をしたとか。
運動が大の苦手な母が、10歳でそんなことをしていたと想像するだけで胸が詰まります。

 

みんな しんみり。

 

感動的な話とは対照的な父の話 

 

友達が、3000坪もある屋敷に住んでいて、敷地内に川も森もあったらしく、そこで
遊びまくっていたそうです。   

 

「ターザンって知ってるかぁー?」 (*_*) 

 

 

おしんのような母と ターザンの父   

 

どうみても、私は父似ですね。(笑)

短い時間でしたが、今まで知らなかった話が聞けて、とても充実した時間でした。 

 

 年末年始 ご実家に帰る方も多いと思います。 もしよかったら訊いてみてください。

 

「へぇーそうだったんだ~!」

 

 ビックリする話を聞くことができるかもしれません。