ユーモア&コミュニケーション クラスの参加者の感想に必ず書いてあること。

それは笑顔です。

★「初対面の方ともすぐ打ち解けられたのは、笑顔の効果だと思っています」

★「笑顔が温かな雰囲気を作ることを実感できた」

★「まずは、笑顔 そうすると 相手よりまず自分自身がハッピーになれることに気づきました。」

 

自分では気付いてられないのですが、無表情のため、話しにくい(ユーモアの出しにくい)雰囲気を作っている方がいます。

 

リアクションをしないことは「攻撃」になる。

澤村直樹著 <聞き上手>の法則からの抜粋です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

反応を示さないことは、何もしないことではなくて、話し手を傷つける攻撃になっている。

相手に興味を持ってもらおうとしたり、同意や共感を求めたりした時に無反応でいられると、話し手はその理由を考えてしまいます。 <中略>

 

その結果 何も言っていない聞き手から「バカにされている」「責められている」と感じるのです。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その後の会話中のノーリアクションを言語化しているのがとてもわかりやすいです。

「—- (暇な人ですね)」     

「—- (あなたに教えられなくても分かっています)」

「—- (その話まだ続くの?)」   

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

無表情だと そういうこと言われているような気がするから、プレッシャーを感じるのですね。

クラスで無表情の人がいると 雰囲気が下がってしまうので、なるべく話しかけて 笑顔になってもらうようにしています。

 

前回のユーモアスペシャルデーで みんなで最後に歌った曲は、 When you are smiling でした。 

 

私の最後のお別れの会 (celebration of my life ) でかけたいと思っている曲です。

「マーサって本当によく笑っていたね」

「彼女の笑顔 忘れないで 僕たちもkeep smiling で行こう!」

うぅぅぅ  なんだか涙が出そう。。。。 (笑)

楽しい気分になれる 歌なので ぜひパーティなどで歌ってみてください!