今日は、亀有で開催された堀芳子氏主催の ジブリッシュワークショップに参加しました。

ジブリッシュ マスク

ジブリッシュとは、意味のない言葉 ナンセンスな言葉のことです。
でも同時に世界を繋ぐ共通語でもあります。 

私が最初にジブリッシュに出会ったのは、米国ユーモア応用治療協会でのセミナーでした。
講師が聴衆全員を立たせ「愛についてイタリア風ジブリッシュで 熱く語ってください!」
と言われて、訳も分からず、

「ナポリターノ、オーソレミーヨ、カルボナーラ!」

と両手を広げて話したのを覚えています。(笑)

ユーモアセンスとは遊び心。
アメリカのユーモアワークショップで
よく使われるジブリッシュをいつか学びたいと思っていたので
とってもラッキー! 

ジブリッシュの魅力

 *失敗も間違えもない
 *右脳活性化
 *頭が空っぽになる
 *気分がよくなる

発声練習から 物まね 感情を出す練習 詩の朗読 歌 スキット。。。。など
ステップを組んで作られているので初心者でも
安心して学べると思いました。

私の一番のお気に入りは、詩の朗読でした。何言っているのかわからないけれど、
感じが伝わってくる。意味はわからないのに笑ってしまう。

人は言葉が通じなくても 表情、声の調子で十分
分かり合えるし、笑いあえるのですね。

私たち日本人は普段あまり感情を表に出しません。
嬉しいことがあっても周りに気遣って
何もなかったかの顔をしたり、
逆に頭にくることがあっても それを抑えて
無表情。

だからこそ、ジブリッシュで感情発散できると気分がよくなるのだと思います。

Gibberish sets you free !

来週のユーモア&コミュニケーションワークショップでご紹介するのでお楽しみに!

認定証もいただきました!

ジブリッシュ認定証