「英会話ができるようになるためには、英語力よりもまずは会話力ではないか」

英会話のレッスン中、生徒さんと話していてこの思いが強くなった。フリートークで、最近アルバイトを始めたという女性に“What do you do?”と訊くと“ Not important job”という答えが返ってきた。 それでも何か言うことがあるだろうと質問を続けると口ごもり、あまり話したがらない。似たような経験が数回あり私は気付いた。

日本語と英語ではコミュニケーションスタイルが違う。アメリカではピンポンやテニスのようにボールが行ったり来たりする。相手の話に興味があるから質問が出る。でも正確な答えがほしくて訊くと言うよりは、聴いていますよと相手に知らせるサインだったりもする。

それに対して日本語ではあまり質問はしない。特に話し手が自分より年上だったり、上司だったりするとなおさらだ。逆に質問されてもあいまいな答えでお茶を濁してしまう人が多い。「退職後いかがですか」「ま、ぼちぼちですね。」 し~ん。「何か習い事でもされているのですか」「まぁ、いろいろやってます。」し~ん。ボールがネットを超えてこない。これを英語でやるとそっけない感じがして、この人は自分と話したくないのだという印象を受ける。これは英語力の問題ではなく会話力だと思う。

齋藤孝さんが著書「雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール」で「日本人が英会話を苦手としているのは雑談力がないからだ」と言っている。 私も同感である。 英語の専門家になるのでなければ、そんな難しい話をすることはない。何気ないやり取りで相手との距離が縮まったり、場が和んだりする。そのためには発音、単語、文法なんかを気にするより自分をさらけ出し、相手に質問することの方が大切だと思う。会話を楽しもうとすることが会話力をつける第一歩ではないだろうか。

お知らせ

■本を出版しました。
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。   →ご購入はこちら


■記念セミナーやります。