数年前 自治会の役員をしていたときの話です。

 

私は6人の班長さんに会報誌を配るのが仕事でした。班長の一人田中さんは70歳くらいの男性。足が不自由だったので、心の優しい私は、田中さんの代わりに会報誌を班のメンバーに配ることにしました。

 

それなのに、田中さんからは「ありがとう」の一言もない。態度もえらそう。

聞いてみると息子も娘も同居しているとか。でも二人とも忙しいんだ とまるで私が手伝うのが当然のような態度。

「冗談じゃないわ!」 私は手伝うのをやめました。(大して優しくない)

 

 

ある時 田中さんが留守だったことがありました。
その次の月、思わず、「先月いらっしゃらなかったのですね」と言ってしまったのです。(うー 憎らしいおじいさんなのに)

 

2人の会話です。

 

田中さん  「たぶん買い物に行っていたんだろう」

私     「えぇー!? ご自分で買い物に行かれるんですか?」
田中さん  「そうだよ。足が悪いからゆっくり歩くんだよ。目も悪いから 大きな虫眼鏡持って ひとつひとつ見ながら買うんだ。」

 

そのとたん、ある映像が浮かびました。

 
コナン


私 「まるで名探偵コナンみたいですねー!」



その瞬間田中さんの目が一瞬 キラッと輝きました。

 
田中さん「そうだよ。 信号だって色がわからないから、車が止まるのを見てからじゃないと横断歩道 渡れないんだ。」
私 「うぁー スリリングですねぇー!」

 

一緒に笑ったら 急に距離が縮まりました。   

 

たぶんほとんどの人は、「大変ですねぇ。」と同情すると思います。

 

でもリスクをとることで親しくなることがよくあります。

 

それからは、話がどんどんはずみました。得意な料理、フランス留学時代。実は大学で芸術論を教えている教授だったのです。 たまに女子大生が 何人か遊びに来ることもあるとのこと。20分以上話してしまいました。
そして最後にこう言われました。

 

「あんたも良かったら今度お茶でも飲みにきなさい」

 

キャー!これってもしかして ナ、ナ、ナンパ?

 

2015.2.11