息子が中学受験のとき気をつけていたことがあります。
家では受験の話はしない。 なるべくどうでもいい話をすること。
とにかくぴりぴりする空気を和らげるように心がけました。
いつも真面目な話しかしない私にとってはチャレンジでした。(笑)

 

代わりに受験してあげたくても出来ません。

私が受けたら確実に落ちます。

 

何か元気づける方法はないかと考え、
私は ある日ひらめいたのです。

 

「パンツだ!」

 

トーストマスターズの優勝者が 赤いパンツを履くと力が出ると言ってたのを聞いたことがあったからです。

 

近くのスーパーに行くとありました!
まるでどこかの国旗みたいな派手なパンツ。
Championという名前もいいですねぇ。

 

ちなみに下着のパンツは英語でunderwear と言います。Pants はズボンのこと。

 

Polar bear wears underwear (ホッキョクグマがパンツはく)

日本で言うならば、バッタがトイレでふんばった のようなものですね。

2015.1.30

 

 

お知らせ

■本を出版しました。
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。   →ご購入はこちら